WERCSmart®プラットフォーム: 紛争鉱物

概要

紛争鉱物には、歯磨き粉から技術まで、幅広い製品に影響を与える隠された人道的コストが付随しています。 紛争鉱物の使用を根絶することを目指して規制が変化し、公開審査が増加するに伴い、製造業はサプライチェーン全体のリスク分野の識別、緩和、報告に関する複雑な問題に直面しています。

ULは顧客に対し、完全な紛争鉱物ソフトウェアソリューションを提供し、製造者と小売業者が明確に自信を持って、鉱物、原料、製品の調達に関するより賢明な購入の決定を下せることを可能にします。

定義

WERCSmart®プラットフォーム: 紛争鉱物は、包括的な意思決定サポートシステムであり、製造者と小売業者はこれを利用して、サプライチェーンの上流および下流のデータを収集、解釈、管理できます。このスケール調整可能なSoftware-as-a-Service (SaaS) プラットフォームは、ドッド・フランク法(Dodd Frank Act)のセクション1502に規定されるReasonable Country of Origin Inquiry (RCOI) に関連するお客様のニーズをサポートするように強化されています。また現在、米国の小売業界の上位25社に納品している7400社の供給業者に対し、450,000を超える製品UPCを管理しています。

ULご利用のメリット

WERCSmart®プラットフォーム: 紛争鉱物では、包括的であり第三者によって認証された規制適合に関するデータを世界中の供給業者から直接入手することができます。お客様はサプライチェーン全体にわたるリアルタイムの可視性を活用することで、全段階において製品と供給業者のパフォーマンスをまとめて解析することができます。これにはドッド・フランク法(Dodd Frank Act)の規制対象であるスズ、タンタル、タングステン、金 (3TG) などの鉱物の含有に関する製品組成データが含まれます。

供給業者は情報の収集と報告を効果的に管理するために、システム中の自身の供給業者からの調査回答を集めることで、関連付けられ認証された当事者間の関係を築きます。このプロセスは、サプライチェーンの各レベルで繰り返され、各当事者は一貫した方法で上流の情報を収集し、下流に情報を報告します。これにより、システムは、完了しているもの、または完了していないものを報告し、関連情報を下流の購入者に提供でき、各当事者は供給業者が適切な情報にアクセスするように制御できます。

お客様はデータに対する高度なアクセスを利用して、製品または材料が納品される前に、サプライチェーン全体を管理し、適合性問題の管理を改善し、リスクとコストを最小化できます。

加えて、WERCSmart®プラットフォーム: 紛争鉱物を利用することで、お客様は以下のことができます。

  • 要件の対象となるサプライヤーに対し、Electronic Industry Citizenship Coalition(EICC)の紛争鉱物の質問書を配付します
  • 調査への回答と製錬業者の選択に基づいて高リスクに分類されたサプライヤーと製品にリソースを集中させます
  • 要求された情報へのアクセスを提供していないサプライヤーを追跡するためにシステムから通知を受信します
  • Conflict-Free Sourcing(CFS)精錬所の使用を特定します
  • 効率を高めるためにプログラム活動を全体として報告します
  • 情報およびレポートを合理化し、複数の顧客と共有します

成果物


このサービスが適用される製品

アパレル、自動車、商業、コンシューマー向け製品、家具、ハイテク製品、工業、小売店、輸送

関連する製品・ソリューション