ASTM D5116およびASTM D6670に基づく屋内製品のVOC放出試験

概要

ASTMインターナショナルにより開発されたASTM D5116およびASTM D6670は、屋内資材および製品からの揮発性有機化合物(VOC)の放出を測定するための動的エンバイロメンタルチャンバー試験を実施するために広く参照されるガイドラインです。 これらの規格は、製品の屋内空気質に与える影響を調べるための、大部分の放出試験のベースとして機能しています。

定義

ASTM D5116およびASTM D6670ガイドラインは業界ではベストプラクティスと考えられており、さまざまなアプリケーションで使用することができます。 ASTM D5116ガイドラインは、小チャンバー(通常90 L程度)での代表サンプルの試験に適用され、ASTM D6670はフルスケールのエンバイロメンタルチャンバー内の完成製品の試験に適用されます。

製品放出試験および曝露モデリングは進化し続けている科学であるため、ASTMガイドラインは新規の革新的な製品放出試験を開発するためのビルディングブロックとして機能します(たとえば、特定の製品およびサービスで曝露レベルの試験が必要になったけれども、実績のある規格が存在していないような場合、革新的な試験の開発が必要になります)。 あるいは、製造者がお客様から製品の臭いについて不満を受け取った場合、潜在的な臭気源を特定することが必要になります。 カスタマイズした製品放出試験が必要になった場合、ASTM D5116およびASTM D6670は試験開発の基盤として機能します。

メリット

製造者にとっての課題は、自社製品からの化学物質放出に伴う健康リスクおよび消費者の不満を理解し、緩和することです。 製造者は、リスク、規制、および試験の利点を理解しており、規格が存在していない場合、規格を作成することができる、実績があり信頼できるパートナーを必要としています。

ULは、エンバイロメンタルチャンバー試験所のパイオニアおよび信頼できるパートナーとして、弊社のお客様の屋内空気質への影響を最小限にする製品開発を支援するための、化学物質、ソース、および毒性しきい値の独自のデータベースを作成しています。 ULは、臭気源を特定し、グリーンラベリングプログラムまたは国際規制への適合性を試験するためのリスク評価において、最も困難で複雑なニーズを満たす専門的な製品放出試験を実施する機関として位置付けられています。


試験報告書


このサービスが適用される製品

製品放出試験の規格が存在しない場合、屋内で使用される洗剤、家具、消費者向け製品、消費者向け電化製品、家電などの製品およびサービスが使用されます。

該当規格

関連業界とソリューション


関連サービス