リスク特定/管理に関するアドバイザリーサービス

概要

グローバル市場が拡大するにつれて新規および既存のサプライチェーンにおいて調達リスクを徹底的に評価する能力が重要になってきています。 ULは企業が持続可能性と社会的責任に基づいて調達意思決定を行うことを支援します。

定義

ULは、グローバルおよび国のリスク指標、動的リスク評価ツール、新興市場の調査、およびオンサイトリスク評価など、深いビジネスインテリジェンスに基づいて、クライアントがサプライチェーンのリスクを特定し、管理するのを支援します。

メリット

ビジネス上の決定において持続可能性と社会的責任に対する考慮を怠れば、価値連鎖における品質、コスト、時間に影響を与え、企業がコストのかかるコンプライアンス上の問題に直面する可能性があります。ULはリスクを特定して管理するために必要なツールを提供するため、企業はブランド価値に悪影響を及ぼす危険性のある問題を回避または最小化することができます。

ULでは、以下のようなサービスを提供しています。

ULのグローバルリスク指標 は、経済、社会、政治、労働者の権利を調査することで、社会および労働リスクを評価します。 国連、Transparency International、The Heritage Foundation and Freedom Houseなどの団体からの国際的に認められた指標は、研究者の広いネットワークによって、比較のために、解析され、標準化され、記録されます。 レポートの鍵は、毎年約20,000の監査員から匿名で収集されたULの内部データです。 職場評価からの、このマクロレベルの情報は、蓄積され、サプライチェーン全体の現実に関する知見を提供します。

カントリーリスクプロファイル は、世界各国に対して作成され、労働時間と残業時間、賃金と福利厚生、環境責任、労働者の虐待など、10のカテゴリーに分けられたCSR調達に関するニューズとトレンドを追跡します。

カスタマイズされたカントリーリスクプロファイル は、クライアント固有のトピックに関する調査を提供します。 これらのリスクプロファイルは、クライアントのグローバルソーシングのニーズ、およびプログラム評価基準に対応するように設計されています。

カスタマイズされたリスクカリキュレーターおよびスコアボード では、関連リスクの詳細図を作成するために、クライアントパラメーターから知らされたリスクメトリクスを調査します。 カリキュレーターおよびスコアボードは、国および製品リスクなど、マクロレベルの指標から、下請業者や施設リスクなど、マイクロレベルの指標にまたがるさまざまな調達リスクを評価することができます。

リスク調査 では、特定の国や産業と関連する、労働者、人権、環境のリスクに関する実証的研究を行います。

企業の社会的責任管理システム評価は、管理システムの評価に基づいてクライアントの主要なサプライチェーンについて目標を定めたオンサイトリスク評価を実施し、潜在的なクライアントのソーシャルコンプライアンスプログラムのリダイレクトまたはリフォーカスを行うことができます。


試験報告書


このサービスが適用される製品

衣類、繊維、栄養補助食品、電子製品、電気製品、食品飲料、靴、革製品、一般消費財、健康および美容、家庭用化学品、宝飾品、腕時計、OTC/医薬品、プレミアム付き製品、プロモーション製品、自社ブランド、玩具、子供向け製品

該当規格

Conformity Certification for the Responsible Jewellery Council (RJC) 鉱山から小売店まで、宝飾品業界全体において、透明性と責任のある方法で、倫理的、人道的、社会的、および環境的な慣行を推進
Global Social Compliance Programme(GSCP) 知識とベストプラクティスの共有を推進し、社会・環境における既存のコンプライアンス制度の類似性や透明性の確立を目指す、業界横断型の世界的プラットフォーム
Business Social Compliance Initiative (BSCI) 共通の行動規範を提供し、またあらゆる業界、あらゆる原産国を対象に、開発主導型システムを具体的に提供することにより、倫理に根ざしたサプライチェーンの構築を目指す取り組みをサポートする企業主体のイニシアチブ
Sedex Members Ethical Trade Audit(SMETA) 監査データを記録し、監査を受けた企業がサプライチェーンの他の企業に是正処置の活動状況を提示し、情報交換ができるようにしたデータベース

関連業界とソリューション


関連サービス