小売店認証プログラム

概要

小売店認証プログラム(RCP)は、複数の小売店の毎年の認証要件を満たし、米国食品医薬品局(FDA)の適正製造要件への適合性を推進する、ACLASS/ANABから認定された適正製造基準(GMP)プログラムです。

定義

小売店認証プログラム(RCP)は、FDAの連邦規制の規約および生産される製品、購入される製品、またはプライベートラベル市場に投入される製品のタイプごとの最新の業界規格で定義される最新のGMPに基づいて施設を評価することを目的とした毎年の適正製造基準(GMP)認証です。

小売店認証プログラムは、以下の項目に関連するFDAの連邦規制の規約(CFR)に基づいて施設を認証します。

  • cGMP OTC医薬品
  • cGMP OTC医薬品のAPI/賦形剤/成分
  • cGMPサプリメント
  • cGMP食用成分
  • cGMP医療機器
  • cGMP化粧品
  • ISO 22716:2007
  • cGMP食料
  • cGMP乳児用ミルク
  • 一般コンシューマー向け製品のGMP
メリット

RCPは多くの小売店から認知されています。プログラムの成果物は複数の小売店の毎年のGMP要件を満たします。

複数の小売店要件が1回の監査で満たすことができるので、RCPは監査のコスト、頻度、疲労、および冗長性を減らす目的で使用することができます。

小売店認証プログラムは、小売店および消費者の信頼を醸成しつつ、サプライチェーンリスクを緩和し、製品および消費者の安全を促進し、ブランド価値の保護を支援します。


試験報告書


関連業界とソリューション


関連サービス