規制順守に関する基礎トレーニング

概要

ULは世界でもっとも進歩的で安全を重視した企業に対し、製品の安全とコンプライアンスへのアプローチを改善するための経験と手段を提供します。 組織と従業員に対するこの包括的教育ソリューションの一貫として、弊社は重要なパフォーマンス指標と照らして結果を評価することで、お客様が最適な結果を達成することを支援します。

定義

ULの規制順守に関する基礎トレーニングは、組織全体の技能を向上させることを目的とし、学習の程度を段階的に捉えることで、最終的に内容をすべて理解したことを確認します。

メリット

グローバル市場に対応し、事業成功を実現するためには、複雑なコンプライアンスの問題と規制の課題を深く理解する必要があります。弊社は製品に関わる企業が安全な製品を設計し、迅速に市場に出荷することを可能にする世界規模の教育プログラムを構築します。

100年以上にわたって安全科学とコンプライアンスの知識を培ったグローバルプロバイダーであるULは、エキスパートによる一貫したトレーニングを実施し、知識上のギャップを埋める窓口として機能します。

ULの教育プログラムは、製品のリスクと責任を緩和し、市場展開戦略を改善するだけでなく、安全文化を醸成することにも役立ちます。安全文化はプロセスを合理化し、チームおよび地域全体にベストプラクティスを浸透させることで、規制順守の基準を超えた高いパフォーマンスを推進することに役立ちます。

ULの規制順守に関する基礎トレーニングは、この種のコースでは初めてであるeラーニング・セミナーであり、製品にとって重要な安全/規制要件に関する標準について説明します。本コースの目的は、製品開発に関与する人材の教育を通じて、技能上のギャップに対応し、組織が持つ知識を継続的に更新することです。

このトレーニングは、ハザードベース・セーフティ・エンジニアリング(HBSE:危険から始まる安全工学)、グローバル市場への参入、規制順守、適合性評価、ターゲット市場(中国、韓国、インド、欧州、南米等)への参入、リーンシックスシグマ、ENERGY STAR®など、幅広い分野に対応しています。

定期的に新しいコースが追加されます。また、コースは個人あるいは企業単位での登録により受講いただけます。企業単位でご登録いただいた場合、御社社員はどのコースでも受講していただけます。

規制順守に関する基礎トレーニングを完了すると、CEUが取得できます。適用性については、各専門分野の委員会または各地域の管轄当局にご確認ください。


試験報告書


本サービスの詳細については、ULカスタマーサービスまでお問い合わせください。


このサービスが適用される製品

すべての製品

該当規格

UL取扱い規格

関連業界とソリューション


関連サービス