有害化学物質排出削減

概要

製造工程で有害化学物質の排出を削減することは、地域社会の健康および環境の保護にとって必要不可欠です。現在の開かれたグローバル市場では、廃水に有害物質を放出すれば、それが偶発的であったとしてもなかったとしても、規制当局ひいては大衆が問題視する事件になります。

ULは、繊維製品、アパレル、およびフットウェア業界における環境および安全科学に関する豊富な専門知識を活用して、小売店および購入者がサプライチェーン内の潜在的課題を特定し、持続可能なソリューションを決定することを支援します。

定義

ULの有害化学物質排出削減サービスでは、廃水試験、現地評価、ならびにZDHC(有害化学物質排出ゼロ)および11個の優先化学物質グループに基づくトレーニングを提供します。この包括的でカスタマイズ可能なサービスは、次の内容で構成されます。

  •  高性能の分析装置およびお客様の固有のニーズに基づいて基準とする検出限界を使用する廃水試験
  • 廃水のサンプリングとプリサンプリングの調整
  • 準備、データ入力、およびデータ検証など、試験結果の公的プラットフォームへの掲示
  • 管理システム、化学物質および危険物質、水の使用法、品質および監視、廃水処理、緊急時の対応、ならびにサプライチェーンのトレーニングおよび教育を対象とした現地評価
メリット

ULは、経験豊富な業界パートナーとして、リスクを最小限に抑え、周囲の生態系および地域社会に有害な廃水を排出した場合の責任を軽減することによって、繊維製品、アパレル、およびフットウェアブランドの価値ある名声を保護し、高めることができます。

ULサービスの独立した厳格さと整合性に裏付けられるブランドは、グリーンピースのグローバルデトックスキャンペーンなど、安全および環境の規制を遵守することによって、人および環境の保護へのコミットメントを証明することができます。持続可能で倫理的な実践を通じて未来へ投資する意欲を表明することも、ブランドがローカルおよびグローバルな市場で自らを差別化するための手段です。

また、ULチームは小売店や購入者がサプライチェーンを確信をもって制御できるようにするため、サプライチェーンのすべての局面に対して大きな可視性を与えます。これには、すべての従業員レベルに対する包括的な教育サービスも含まれます。

世界に広がる弊社のエキスパートは、デザインをカスタマイズし、複数の言語でトレーニングを提供する能力があります。ULのトレーニングは、ケーススタディと演習を使用して、対話型で実施されます。

弊社は、一般的な繊維製造工程およびそれに付随する有害化学物質の使用、ならびに11個の優先物質の存在、製造制限物質リスト(MRSL)の使用法などのガイダンスで構成される包括的なトレーニングの提供を通じて、ZDHCイニシアティブを理解し、統合する方法について助言します。

弊社は、広範囲のULサービスの一部として、お客様がフルレンジの持続可能な化学物質およびサプライチェーン管理サービスを実装することを支援することができます。


試験報告書


関連業界とソリューション


関連サービス