プログラム開発

概要

ブランド所有者は品質は後から追加できないことを知っています。お客様はULのプログラム開発および管理ツールを利用することで、構想から販売までの製品の開発サイクルの価値を高めることができます。当社はお客様と協力し、卓越性に焦点を合わせた敏感なビジネスプロセスを作成し、コストのかかるエラーを回避しながらブランド価値を維持することを可能にします。

定義

ULは製造プロセス全体において、製品の脆弱性を識別および是正し、お客様が指定するニーズに従い、品質保証プログラムを策定するためのベストプラクティスの推進を支援します。

ULご利用のメリット

ULの業界エキスパートはお客様と協力して、試験を策定し、検査プログラムを監査することで、お客様が製造プロセス全体にわたる潜在的な危険を識別および是正し、サプライチェーンのリスクを緩和し、規制とブランドのコンプライアンスを確保することを支援します。

ULのプログラム開発サービスには、以下に関するカスタマイズされたソリューションが含まれます。

  •  性能および安全性試験
  •  LHAMA/毒性/外観と微生物試験
  •  行動科学分析
  •  年数判定
  •  予想される使用/誤用
  •  製品ラベル評価
  •  想定されるユーザーと想定されないユーザー
  •  設計評価・安全評価
  •  フィット、快適性、サイズに関する設計評価
  •  人間工学に関するレビューとトレーニング
  •  傷害分析
  •  工場監査、トレーニング、検査

成果物


このサービスが適用される製品

衣類、繊維製品、栄養補助食品、電気製品、食品・飲料、靴、革製品、一般消費財、健康/美容製品、家庭用化学品、宝飾品、腕時計、医薬品、プレミアム/販促製品、玩具、育児/子供向け製品

該当する規格

American Society for Testing and Materials(ASTM) 製品の品質改善、安全性の向上、市場出荷と貿易の促進を目標としたコンセンサスに基づく任意規格
American Spice Trade Association(ASTA) 香辛料の分析試験に関する業界規格
Association of Analytical Chemists(AOAC) 化学物質および微生物の解析結果の信頼性向上を目指す標準的化学物質解析手法
British Pharmacopeia Convention 医薬物質及び医療製品に関する英国の公的規格
Consumer Product Safety Improvement Act (CPSIA) of 2008 子供向け製品および一部の子供向け以外の製品に対し多数の新規制・試験要件を認可
EU Pharmacopeia Convention 欧州で一般的な薬剤の仕様を統一し、市場に登場する新しい薬剤の仕様を作成
Food Chemical Codex(FCC) 食品成分の純度と品質を判定する国際的公認規格の概要
International Food Standard(IFS) 製法と監査手順の統一、監査の相互承認を実現するため、小売業者ブランドで食品を提供する企業の評価システムであり、製品の製造と加工、分包に適用される
日本薬局方 あらゆる薬品の品質確保を目的に、仕様基準と試験方法の決定、日本の公衆衛生と医療処置に不可欠と認められる薬品の品質保証基準の明確化を図る主要機関
U.S. Pharmacopeia Convention 世界的に製造、流通、消費される医薬品、食材、サプリメントの名称、強度、品質、純度に関する規格であり、米国食品医薬品局(FDA)によって米国で施行され、かつ、140か国以上で採用

関連する製品・ソリューション