価格整合性監査

概要

価格設定はブランドイメージを支える手段であり、市場シェアを推進または保護できます。 ULの価格整合性サービスは販売価格を独立して審査することで、消費者の認知に悪い影響を与え、規制に違反し、最終的に利益を損なる可能性のある価格変動を調査します。

定義

ULは価格の正確性に関する監査と、企業全社にわたる報告と説明責任に関するコンプライアンスプログラムを提供します。これには以下が含まれます。

  • 価格レビュー
  • カスタマイズされたエンドツーエンドの価格評価
  • Webを利用したシステムとレポート
  • 重要な価格手順の特定
  • スタッフのトレーニングと評価
  • 価格違反の根本原因分析
  • 州や郡の地域の価格規制への適合性
  • ブランド保護
メリット

連邦取引委員会(FTC)によると、アメリカ合衆国の小売業界では、価格設定の誤りが年間に平均3.35%発生し、約30%の小売店で、価格の正確性が大部分の州で規定されている98%を下回っています。

州と郡の政府は小売店の価格違反に対して警戒を強めているため、価格の誤りは企業に対して財政的に悪い影響を与え、またブランドの評判を下げる可能性があります。

動的な価格設定が行われる現代の小売業務においては、商品棚での価格付けおよび清算の管理がますます複雑化し、企業の顧客や評判に負担がかかる可能性があります。

ULは熟練した監査員の国内ネットワークを用いて毎年50,000件の監査を実施しています。チェーンストアにおけるすべての店舗に対する監査を任意の頻度でお手頃な価格で実施します。ULは市場をリードし、価格の一貫性を維持することの複雑性を理解しています。


試験報告書


本サービスの詳細については、ULカスタマーサービスまでお問い合わせください。


このサービスが適用される製品

レストラン、小売店、スーパーマーケット、ホールセールクラブ

関連業界とソリューション