プレサーティフィケーションレビュー(事前評価・確認)

概要

ULのプレサーティフィケーションレビュー(事前評価・確認)は、コンプライアンスを達成するために、設計段階での当て推量を排除し、認証プロセスの合理化を支援します。

企業はULの技術エキスパートと早期に相談することで、試験プログラムと要件に慣れることができ、コストと時間の遅延が発生する前に、非適合の問題とその他の障害を識別できます。

定義

ギャップ評価とも呼ばれるプレサーティフィケーションレビューのステージ1であるプロアクティブレビューまたは事前レビューは、多くの場合、標的市場の該当する規格への適合性を評価するため、ULの試験所または製造業者の施設のいずれかにおいて設計プロセスの初期段階にULの技術エキスパートによって実施されます。このサービスを受けましてもUL認証は取得できません。

ULご利用のメリット

お客様は設計構想の段階から製品開発サイクルの最終段階までいずれの時期においてもプレサーティフィケーションレビューを手配できます。ULは公式と非公式の2つのサービスオプションを提供します。

公式のプレサーティフィケーションレビューには、結果の包括的レポートによる製品の完全なエンジニアリング評価が含まれ、製品の構造が該当する規格すべての要件を満たしているかどうかについて実用的な見識を提供します。

非公式のプレサーティフィケーションレビューでは、ULのエンジニアがエキスパートの見識を提供しますが、公式の文書(書面レポート)は発行されません。非公式の認証前レビューは、電話またはWebチャットを通してオンラインで直接的に実施できます。


成果物

お客様のニーズに応じてカスタマイズ可能


このサービスが適用される製品

医療機器、歯科用機器、実験装置、試験および測定装置、ナースコール装置、介護および衛生装置

該当する規格

ULの安全に関する規格 ULの安全に関する規格 »
ULの持続可能性に関する規格 ULの持続可能性に関する規格 »
IEC規格 IEC規格 »
国際規格 各国の規格 »

関連する製品・ソリューション


関連するサービス