OTA試験

概要

Over-The-Air(OTA)試験は、実際のワイヤレス機器の信頼性、安全、性能を正確に予測するために利用されます。ワイヤレス技術を組み込んだ製品のOTA試験は、多くの標準化団体、キャリア、ベンダー、規制機関によって義務付けられています。ULの業界とその規制に関する知識を利用することで、コンプライアンスの複雑性を緩和し、コストのかかる設計エラーを修正し、厳格な市場展開スケジュールに対応できます。

定義

OTA試験は、CTIA認証に必須であり、多くのキャリア、ベンダー、標準化団体が義務付けています。ULは製品開発サイクル全体を通してOTA試験サービスを提供し、製品が該当する規格に適合しているかどうかの判定に役立させます。

メリット

ULはCTIA Authorized Test Lab(CATL)であり、CTIA仕様に従ってOTA試験を実施する承認を受けています。

ULは最先端の装置を使用することで、全放射電力(TRP)、全等方感度(TIS)、実効放射電力(EIRP)、実効等方感度(EIS)の測定を実施できます。

ULは以下の広く使用されるワイヤレス技術を利用している最終製品の1次元、2次元、3次元の放射パターン出力を生成できます。GSM、GPRS/EGPRS、CDMA 2000、WCDMA、HSPA、GPS/AGPS、Wi-Fi、LTE。


試験報告書


英国
電話番号: +44.1256.312000

米国
電話番号: +1.510.771.1000


このサービスが適用される製品

無線モバイルハンドセット、タブレット、ラップトップ

該当規格

CTIA Test Plan for Mobile Station OTA Performance CTIA OTA仕様
3GPP TS 34.114 ユーザー装置/移動局OTA
アンテナ性能、適合性試験
Passive Antenna 3D Characteristic Measurement アンテナ開発に役立つイメージング

関連業界とソリューション


関連サービス