Level 2 MIFARE Functional Certification

概要

UL MIFARE® Test CenterはFunctional Certificationサービスを提供します。これにはMIFARE Classic、MIFARE DESFire®、MIFARE Plus®など、現在、および将来のMIFARE仕様が含まれます。

定義

MIFARE仕様に対する認証サービス。

メリット

MIFARE製品は世界中の650以上の都市で展開されており、ロンドン、モスクワ、ロサンゼルス、北京などの大都市における公共交通チケット販売に使用されています。

また、ロイヤルティプログラム、アクセス管理、イベントチケッティング、マイクロペイメントシステムなど、他にも多くの世界中のアプリケーションにとって重要です。 MIFARE製品のモバイルデバイスへの応用は、NFCエコシステムの主要な参加者から構成されるMIFARE4Mobile® Industry Groupによって主導されています。

MIFARE Functional Certificationプロセスの目標は、複数の当事者がMIFAREライセンスを持つ市場で機能試験を通して、相互運用性、受理、性能、セキュリティを確立することです。 ULはMIFARE仕様に基づき、MIFAREカード製品の論理通信階層を認証します。

認証にはMIFARE Classic、MIFARE Plus、MIFARE DESFireが含まれます。 このサービスは次のように提供できるMIFARE技術を採用している製品に適用されます。

  1. ISO 14443に適合する非接触式スマートカード
  2. お客様がハンドセットを準備する場合のNFC対応ハンドセットにおけるセキュアエレメント
  3. ISO 7816 ID-000またはID-1に適合するUICCを含むセキュアエレメント(ISO 14443またはSWPがサポートされる場合)(例:Micro SDおよび時計など他のフォームファクター)
  4. 中間製品の認証に関する条件に適合する、お客様が定義するプロトタイプ

認証プロセスを開始する場合、連絡先フォームを使用することで、お客様ガイドと注文フォームを請求できます。 注文フォームを受領し、追加の質問への回答が完了するとインテークを開始できます。

インテークプロセスでは関連するすべての試験装置が試験に使用でき、指定された試験環境が準備されていることを確認します。 次のステップは実行を伴います。ここでは、ULが試験結果概要と推奨とを含む試験報告書を作成します。 この試験報告書はプロセスのバリデーションおよび認証段階で、NXPとライセンス所有者に対し、公式に提供されます。 品質を改善しつつ、市場に出すまでの時間を短期間に維持するため、ステップ 2(インテーク)とステップ3(実行)との間に6日間かかります。


試験報告書


このサービスが適用される製品

スマートカード ユニバーサル集積回路カード(UICC) セキュアエレメント(SE) NFCモバイルデバイス

該当規格

MIFARE©
MIFARE4Mobile®

関連業界とソリューション


関連サービス