埋め立て廃棄物の転換検証

概要

多くの会社と自治体は廃棄物を減らすように努力しています。その最終的な目標は廃棄物ゼロです。 ULは、会社の努力の妥当性を確認し、廃棄物ゼロと廃棄物転換に関する業界の最初で唯一の規格により、それらの努力を信頼性のあるものとできます。

定義

ULは、焼却によるエネルギー生産から再使用、リサイクル、そして堆肥生産に至るまで、企業が廃棄物を環境的に責任があり、革新的な方法で処理したことを認める点で、3種類の埋め立て廃棄物の転換主張の妥当性検証を行います。

  • 埋め立て廃棄物ゼロとは、施設が一貫して、通常埋め立てられる廃棄物の100%の転換率を達成していることを意味します。
  • 埋め立て廃棄物実質ゼロとは、施設が埋め立て廃棄物の98%以上の転換率を達成していることを意味します。
  • 埋め立て廃棄物転換とは、施設が埋め立て廃棄物の80%以上の転換率を達成していることを意味します。

それぞれの主張の妥当性検証は、明確に定義され、注意深く検討され、徹底的に調査され、当該の事業とその顧客がそういった主要な達成事項の環境面における重要性を理解できるようにします。

メリット

施設の廃棄物を削減する、またはゼロにすることの利点:

  • 廃棄物処分に関連する費用の削減
  • 限られた埋立場への依存を低減
  • 環境の責任を負う会社になる

ULの廃棄物ゼロ手順に適合している施設は、UL環境製品データベース(Sustainable Product Guide)に掲載され、宣伝およびマーケティング資料にUL環境性能検証(ECV)バッジを使用でき、これによって市場における信頼性と競争力を高めることができます。

ULはまた、企業が廃棄物削減の主張を実現し、それを宣伝できるようにするためのサポートサービスも提供しています。ULは、予備審査、廃棄物削減、再使用とリサイクルのプロセスを最適化するためのプログラムの開発、および廃棄物や再生資材に関するリサイクル性、リサイクル済み成分と回収プログラムについての主張の妥当性確認を行うことができます。

ULの環境性能検証によって、製品はLEED®Green Building Rating System、IgCC、GSA Advantage!®、ASHRAE 189.1などへの適合に関して、独立した第三者の認証を受けます。これは可視性を高め、市場のニーズを推進することに役立ちます。


試験報告書

ULの環境製品データベース(Sustainable Product Guide)における製品一覧


本サービスの詳細については、ULカスタマーサービスまでお問い合わせください。


このサービスが適用される製品

製品の製造など、幅広い業界の施設

該当規格

UL 2799 Environmental Claim Validation Procedure for Zero Waste to Landfill

関連業界とソリューション


関連サービス