出張試験

概要

ULは大きすぎて標準的な試験所では試験できない機器に対し、現場(配置済み)電磁環境適合性(EMC)と電磁場(EMF)試験を提供します。 弊社のEMC専用試験所の国際ネットワークは、EMC規制要件に適合する必要のある電子製品の包括的で費用効果の高い評価を行います。 現場試験を実施するときにこの知識を利用します。

定義

ULの現場でのEMCおよびEMF試験は、意図された最終的な環境に設置されている機器に実施されます。この出張試験は、携帯電話のアンテナや基地局、変電所、産業用加熱装置など、大きすぎて施設内では試験できない機器を対象として提供されます。

メリット

ULはEMCおよびEMF試験手法と文書をお客様の仕様に合わせて調整でき、また時間と予算を極めて効果的に活用するためのエキスパートの助言を提供します。製品の開発プロセス中にULの専門知識を利用されますと、設計段階におけるコストのかかるエラーを回避でき、また市販までの時間を短縮できます。

ULの自動EMC試験施設を利用することで、市場投入までの時間的要件を満たせるように効率的なEMCコンプライアンス試験サービスを提供します。弊社はプロセスの効率を高め、結果を解析し、試験サイクルを減らすソフトウェア自動化を使用して、カスタマイズされた試験ソリューションを構築します。

従業員と消費者は、大型施設から発生するEMFと無線周波数エネルギーの発生源に晒されることを懸念しています。ULの現場におけるEMF試験サービスは、現場で試験を実施して、International Commission on Non-Ionizing Radiation Protection(ICNIRP)ガイドラインに記載された人体曝露の参照レベルとの比較のために、電力密度についての独立したレポートを生成します。このサービスのために、ULは「信号機」で示された適合性、および棒グラフを用いた無線サービスの比較を備えた読みやすいレポートを提供します。


試験報告書


本サービスの詳細については、ULカスタマーサービスまでお問い合わせください。


このサービスが適用される製品

携帯電話のアンテナ、基地局、変電所、産業用加熱装置

関連業界とソリューション


関連サービス