人的資源に関するトレーニング

概要

多くの人的資源専門家は、幅広い従業員の日常的なニーズを管理しつつ、組織のコンプライアンスと管理上の問題に積極的に取り組む必要があります。 このバランスを取ることは困難となります。

ULの人的資源に関するトレーニングコースは、人事部の厳しい目標を達成するために必要なツールを提供します。弊社のコースは、リスクへの曝露を減らしつつ、職場のパフォーマンスの改善を目指しているHR担当者をサポートするように作られています。

定義

ULの使いやすいe-Learningコースは、業界のエキスパートと教育デザイナーのチームによって作成され、人事部に対し、優れた労働慣行と安全な職場の維持に必要な情報を提供します。

メリット

ULは人的分野に焦点を当てた35以上のコースを備えており、事実上すべての業界に対し、関連する最新の人的資源のコンテンツを提供します。

すべてのコースは、成人学習理論に基づいて作成され、ULのPureSafety学習管理ソフトウェアまたは第三者の学習管理システムで使用できるようにSCORM 1.2に適合するパッケージで提供されます。

人的資源に関するトレーニングコースの内容:

  • 労働環境のアファーマティブアクション
  • 雇用法の年齢差別
  • 障害を持つアメリカ人法
  • ビジネス行動規範
  • 差別とハラスメントがない職場
  • 職場の多様性
  • 公正労働基準法
  • 雇用と解雇
  • 従業員の主張の調査
  • 薬物とアルコールのポリシー
  • 雇用責任
  • 一般的な人事
  • 健康
  • 職場のコンプライアンス
  • 管理ツール
  • セキュリティ
  • セクシャルハラスメント

試験報告書

e-Learningコース


本サービスの詳細については、ULカスタマーサービスまでお問い合わせください。


関連業界とソリューション


関連サービス