危害分析および重要管理点(HACCP)認証

概要

ULがブランドと小売のサプライチェーンに提供する危害分析および重要管理点(HACCP)認証は、コンタミネーションを防止し、生産リスクを低減する上で役立ちます。

HACCPは食品安全管理システムの重要な点を特定、管理することによって、健康への危険性を低減することを目的とした、リスクに基づく科学的手法です。 HACCPは原材料の採取から生産、製品の流通、消費まで、サプライチェーン全体での使用に適しています。

世界の大部分の地域では、HACCPに遵守することが食肉、水産物、ジュース飲料の製造者に義務付けられています。 栄養補助食品、化粧品、医薬品の製造者など、他の企業は、安全リスクを緩和するために、任意でHACCPを利用することができます。

定義

HACCPは主に食品安全性を評価するために使用される体系的アプローチですが、栄養補助食品、医薬品、化粧品など、他の製品の安全性を評価するためにも使用されます。 認証のためのUL HACCP評価は、原材料の採取から、完成品の流通意に至るまで、生物学的、化学的、物理的な危険性を分析、管理することによって実施されます。

メリット

HACCPが供給者の業界にとって強制である場合でも、任意である場合でも、ULの安全性に関する知識は、企業が製品のリコールを減らし、ブランド価値と消費者の安全を保護する上で役立ちます。

HACCPの主な7つの原則:

  1. 危害分析
  2. 重要な管理項目の特定
  3. 危険限界の確立
  4. 監視手順の確立
  5. 是正措置の確立
  6. 記録手順の確立
  7. 検証手順の確立

また、ULの管理システムサービスを通して、弊社は製品の危険性を最小化し、品質システムを改善し、消費者と製品の安全プロセスと慣行に重点を置けるように、顧客を支援します。


試験報告書


関連業界とソリューション


関連サービス