化粧品適正製造基準認証(ISO 22716:2007)

概要

正式認可を受けたULのISO 22716認証サービスは、企業を継続的改善および品質の向上化へ導き、また化粧品業界全体の整合性への取り組みを支援します。

定義

ISO 22716は化粧品の適正製造基準(GMP)のガイドラインを規定しています。これらのガイドラインには、製品品質に影響する人的、技術的、および管理的要因に関する実用的なアドバイスが記載されています。ULはISO 22716国際規格をグローバルに認証するために、ANSI-ASQ米国認定委員会によって認可されたACLASS/ANABです。

メリット

ULの認定されたISO 22716化粧品認証サービスでは、企業がリスクを緩和し、ブランド価値を保護する一方で、ブランドマネージャー、小売店、および消費者に信頼感を与えることを支援します。

ブランドマネージャー、小売店、およびベンダーは、ULの監査レポートおよび適合証明書を信頼します。ULのISO 22716化粧品認証サービスでは、ブランドの信頼性および製品の市場性に直接影響する品質改善方法について、企業が情報に基づいて判断することを可能にするための重要な情報を提供します。

グローバル市場で競合に打ち勝つには、企業が適正製造基準(GMP)ガイドラインに準拠していることを保証するために、継続的改善および国際規格への適合性をコミットする必要があります。ISO 22716認証は、企業が国際的な化粧品ガイドラインを理解し、準拠していることを示すことに貢献します。

ULは、ISO 22716化粧品認証に加えて、FDAの「2008年化粧品適正製造基準ガイド」の認証も実施します。


試験報告書


このサービスが適用される製品

化粧品

該当規格

ISO 22716:2007 化粧品 - 適正製造基準(GMP) - 適正製造基準に関するガイドライン

関連業界とソリューション


関連サービス