抽出物・原材料監査

概要

ULの抽出物および原材料監査チームは、企業が原材料調達に関するリスクを軽減することを支援します。 弊社はブランド、小売店、卸売業者、処理業者、および原材料抽出者/生産者の団体と協力して、抽出物(金属および宝石)、木材、農産物、エビ/魚類など、原材料のサプライチェーンにおける重要なリスク分野を特定して、効果的な監視計画を確立し、現場での改善を実施します。

弊社の監査では、責任ある宝飾品協議会(RJC)の業務基準および加工・流通過程管理(CoC)、ならびに電子業界メンバーシップ連合体(EICC)の紛争解決規格およびロンドン地金市場協会(LBMA)の金のCSR調達ガイダンス規格の遵守を判断します。

定義

ULは製品の成分を追跡し、原産地および取引を示す書類を検証し、職場環境を評価し、原材料の調達先を客観的に確認することで、企業のCSR調達を支援します。また、ULは業界の認可または特定のクライアントプログラムをサポートし、カスタマイズされた評価を実施します。

メリット

抽出物:
ULはデューデリジェンスに関する規格と推奨の策定において積極的な役割を果たしているため、企業がお客様のニーズに合わせてカスタマイズし、産業活動およびベストプラクティスの推奨事項に沿った形で、対象となる紛争鉱物プログラムを策定することを支援できます。弊社は世界中で監査を実施する能力を備えています。

ULのCSR調達チームは、以下を含む多様なRJCメンバーのために、適合性認証監査を実施します。

  • 小売業者
  • 宝飾品製造者
  • ダイヤモンド等級付け機関
  • ダイヤモンド研磨業者
  • 金精錬所

ULは鉱山から最終製品まで、鉱物のサプライチェーン全体にわたって、紛争鉱物の現場監査を実施できます。また、大規模な文書レビューおよび現地在庫の検証により、調達地に遡る特定材料の投入量の追跡も可能です。

弊社は非常に有名なイニシアチブに早期から関与しており、また、EICC-GeSI 紛争解決(CFS)プログラムのために実施するフィールドワーク、LBMA、およびRJCのおかげで、ULのCSR調達チームは鉱山から精錬所、精製所まで、鉱物のサプライチェーンをよく理解しています。 このように、調達慣行と高リスクの分野の深い理解と、中央アフリカにおける地域内のプレゼンスによって、弊社はサプライチェーンを全体的に見渡すことができ、高品質のリスク評価およびリスク軽減戦略を提供できます。

ULは紛争鉱物の規格評価ツールを開発しているため、デューデリジェンス評価とトレーサビリティ評価を実施できます。デューデリジェンス評価は、供給業者のレベルで運用されているシステムを判定し、お客様の製品に関する原材料供給元の情報が体系的に申請、取得され、ファイルに保管されることを保証します。これらの評価は、供給業者で実施される他の種類の現場監査と容易に組み合わせることができます。

ULは適合性認証監査を実施する評価機関としてRJCから認可された最初の監査サービスです。ULはメンバーと供給業者がRJCシステムの下で認証を受けることを支援できます。

ULの抽出物および原材料監査の利点:

  • カスタマイズされたツールとプログラムの分析
  • 現地の法律を反映し、現地の言語を使用する社内とサプライヤー向けトレーニング
  • 是正措置プロセスを完全に管理する能力
  • プログラムの管理を支援する専門のアカウントマネージャー
  • 監査スケジュール、監査結果、是正措置の進捗、レポートがリアルタイムで更新される安全なオンラインデータポータルへのアクセス

農産物:
弊社の標準的な責任ある農産物評価は、業界全体のベストプラクティスと、国際的に認められている規格に基づいており、農産物固有のニーズに対応しています。この評価は社会的コンプライアンスおよび給与文書、プライバシーが保護された秘密の従業員面談、従業員の健康安全チェック、農薬の使用と管理に関する慣習、基本的な廃棄物および水管理システムを対象とします。

是正措置に関する分類データ、記述による説明、写真、リスク評価、および推奨がクライアントに提供されます。

ULの責任ある農産物調達プログラムの利点:

  • 現地の法律を反映し、現地の言語を使用する、カスタマイズツール、プログラム分析、社内とサプライヤー向けトレーニング
  • 是正措置プロセスを完全に管理する能力
  • プログラムの管理を支援する専門のアカウントマネージャー
  • 監査スケジュール、監査結果、是正措置の進捗、レポートがリアルタイムで更新される安全なオンラインデータポータルへのアクセス

試験報告書


このサービスが適用される製品

冷暖房空調設備、ハイテク機器、電源と制御、建材、化学品、健康科学、照明、ワイヤ・ケーブル、衣類、繊維製品、栄養補助食品、電気/電子製品、食品・飲料、靴、革製品、一般消費財、家具、キャンドル製品、健康/美容製品、家庭用化学品、宝飾品、腕時計、医薬品、プレミアム/販促製品、プライベートブランド製品、玩具、育児/子供向け製品

該当規格

Global Social Compliance Programme(GSCP) 知識とベストプラクティスの共有を推進し、社会・環境における既存のコンプライアンス制度の類似性や透明性の確立を目指す、業界横断型の世界的プラットフォーム
Business Social Compliance Initiative (BSCI) 共通の行動規範を提供し、またあらゆる業界、あらゆる原産国を対象に、開発主導型システムを具体的に提供することにより、倫理に根ざしたサプライチェーンの構築を目指す取り組みをサポートする企業主体のイニシアチブ
Electronic Industry Citizenship Coalition (EICC) and EICC Conflict-Free Smelter (CFS) Program パフォーマンスのガイドラインと重要なCSRポリシーへの適合性が行動規範に記載。EICCは法規への適合性を監査し、企業レポートの進捗を支援するためのツールを提供
Initiative Clause Sociale(ICS) 主にフランス企業向けの行動規範、ツール、監査プロトコル
Conformity Certification for the Responsible Jewellery Council (RJC) 鉱山から小売店まで、宝飾品業界全体において、透明性と責任のある方法で、倫理的、人道的、社会的、および環境的な慣行を推進
ロンドン地金市場協会(LBMA) 『金のCSR調達のためのLBMAガイダンス』は、すべてのLBMA優良デリバリ精錬業者のための要件であり、紛争鉱物のコンプライアンスおよび総合的な金のCSR調達の慣行にフォーカスしています。
Sedex Members Ethical Trade Audit(SMETA) 監査データを記録し、監査を受けた企業がサプライチェーンの他の企業に是正処置の活動状況を提示し、情報交換ができるようにしたデータベース
Fair Factories Clearinghouse(FFC) 一般的なベストプラクティスガイドのプロセス、監査レポートフォーマット、是正措置フォーマットで、ETI Base Codeのコンプライアンス評価を作成
Fair Factories Clearinghouse(FFC) 職場の評価データを共有し、是正措置を知らせるためのソフトウェアポータル
WRAP(Worldwide Responsible Accredited Production) 合法的、人道的、倫理的な製造を目指す5つのステップから成る世界規模の認証制度
Ethical Trading Initiative(ETI) ETI Base Codeは、International Labour Organisation(ILO)の慣行に基づく国際的に認められた労働慣行法規
Social Accountability International(SAI) SA 8000 全業界を対象とする、適切な職場におけるソーシャル・アカウンタビリティに関する認証規格
International Organization for Standardization(ISO) 14001 Environmental Management System 環境監査、環境性能評価、環境ラベル、ライフサイクル評価に焦点を当てた任意の規格

関連業界とソリューション


関連サービス