抽出物・原材料に関するアドバイザリーサービス

概要

ULは企業が原材料を調達する際に透明性を高めるための方法を設計し実施することを支援します。 ULは各クライアントの調達慣行と一体になり、お客様が抽出物、木材、エビ、魚、農産物、その他の原材料に関する意味のあるデューデリジェンスを確立することを支援します。

定義

ULは、原材料のサプライチェーンにおいて透明性を高め、持続可能な商慣習を推進するために、お客様に対し、ポリシー、プログラム、リスク軽減戦略の策定における助言を行います。弊社のアドバイザリーサービスには、地域、製品、または商品別のサプライチェーンのリスク特定、プログラムとポリシーの開発、カスタマイズされた調査、ツール、トレーニングが含まれます。

ULご利用のメリット

抽出物:
ULは鉱物のサプライチェーンにおける透明性と責任ある調達慣習の推進を目的として業界団体と協力し、多様な関係者のイニシアチブに取り組んだ最初のサービス提供者です。

弊社は鉱物のサプライチェーンの全段階におけるサービスを提供することにおいて業界をリードし続けています。弊社は以下のようなすべての接点と直接協力します。

  •  鉱山と農場
  •  処理業者、梱包業者、精錬所
  •  完成品施設

弊社が扱ってきた分野:

掘削:

  • コンゴ共和国南キブ州の小規模鉱山における現場評価。 評価はDRCの国内認証フレームワークの下で実施されました。
  • 2009年以来、南アフリカ、コロンビア、ロシアにおけるさまざまな範囲の現場評価など、複数の採鉱プロジェクト(露天採鉱、地下採鉱の両方)に関与し、採鉱のイニシアチブと規格に関する情報を提供しています。

選鉱:

  • EICC-GeSI紛争解決(CFS)プログラムに関する世界中で承認された3つの監査機関の1つとして、タンタルとスズの精錬所と金の精錬所に対する現場評価。 評価は欧州、米国、アジア、アフリカのCFSプログラムの下で実施されました。
  • Responsible Jewellery Council(RJC)Code of Practices Certificationに関して初めて承認された監査機関であり、金の精錬に関してRJCのCoC認証を実施した唯一の企業です。
  • ロンドン地金市場協会(LBMA)と協力して、LBMA Responsible Gold Guidanceに対するLBMA承認金精錬の適合性検証のために監査機関が使用するガイダンスおよび評価ツールを開発します。

規格およびポリシーの策定:

  • 調達ポリシーとサプライヤーの行動規範がドッド・フランク法(Dodd Frank Act)のセクション1502に適合していて、鉱業サプライチェーンの関連する業界イニシアチブと調和していることを確認します。
  • CFS評価プロトコルおよびツールのテストと試験運転を実施し、評価方法を改善するためにEICC-GeSIグループに対し継続的に情報を提供し、上流のイニシアチブとの調和に取り組みます。
  • ULはRJC規格委員会のメンバーとして、積極的に宝飾品のバリューチェーンにおける倫理的な調達慣行を推進し、この目標に向けてRJCと協力します。
  • 2010年以来、OECD Multi-Stakeholder Consultation Processに参加しています。 ULは、OECDデューデリジェンスガイダンスに沿った金サプリメントに関するOECD起草委員会のメンバーでした。
  • ICGLR第三者監査機構の開発に関する大湖地域国際会議(ICGLR)への関与。

農業:

弊社の責任ある農産物調達プログラムは、ベンチマーキングやリスク分析、行動規範の開発、トレーニング、教育、モニタリング、プログラム管理などの幅広いサービスを提供します。弊社は木材、砂糖、煙草、トウモロコシ、トマト、豆、果物、ゴム、コーヒー、茶の業界のための業務を行ってきました。また、他の農産物へ拡大する能力も備えています。

ULの責任ある農産物調達プログラムの利点:

  • カスタマイズされたツールとプログラムの分析
  • 現地の法律を反映し、現地の言語を使用する社内とサプライヤー向けトレーニング
  • 是正措置プロセスを完全に管理する能力
  • プログラムの管理を支援する専門のアカウントマネージャー
  • 監査スケジュール、監査結果、是正措置の進捗、レポートがリアルタイムで更新される安全なオンラインデータポータルへのアクセス

また、弊社はブランド、小売店、卸売業者、処理業者、生産者の団体と協力して、重要なリスク分野を特定し、監視計画を確立し、農業のサプライチェーンにおける現場での改善を実施します。


成果物


このサービスが適用される製品

衣類、繊維製品、栄養補助食品、電気/電子製品、食品・飲料、靴、革製品、一般消費財、家具、キャンドル製品、健康/美容製品、家庭用化学品、宝飾品、腕時計、医薬品、プレミアム/販促製品、プライベートブランド製品、玩具、育児/子供向け製品

該当する規格

Global Social Compliance Programme(GSCP) 知識とベストプラクティスの共有を推進し、社会・環境における既存のコンプライアンス制度の類似性や透明性の確立を目指す、業界横断型の世界的プラットフォーム
Business Social Compliance Initiative (BSCI) 共通の行動規範を提供し、またあらゆる業界、あらゆる原産国を対象に、開発主導型システムを具体的に提供することにより、倫理に根ざしたサプライチェーンの構築を目指す取り組みをサポートする企業主体のイニシアチブ
Electronic Industry Citizenship Coalition (EICC) and EICC Conflict-Free Smelter (CFS) Program パフォーマンスのガイドラインと重要なCSRポリシーへの適合性が行動規範に記載。EICCは法規への適合性を監査し、企業レポートの進捗を支援するためのツールを提供
Initiative Clause Sociale(ICS) 主にフランス企業向けの行動規範、ツール、監査プロトコル
Conformity Certification for the Responsible Jewellery Council (RJC) 鉱山から小売店まで、宝飾品業界全体において、透明性と責任のある方法で、倫理的、人道的、社会的、および環境的な慣行を推進
ロンドン地金市場協会(LBMA) 『金のCSR調達のためのLBMAガイダンス』は、すべてのLBMA優良デリバリ精錬業者のための要件であり、紛争鉱物のコンプライアンスおよび総合的な金のCSR調達の慣行にフォーカスしています。
Sedex Members Ethical Trade Audit(SMETA) 監査データを記録し、監査を受けた企業がサプライチェーンの他の企業に是正処置の活動状況を提示し、情報交換ができるようにしたデータベース
Fair Factories Clearinghouse(FFC) 一般的なベストプラクティスガイドのプロセス、監査レポートフォーマット、是正措置フォーマットで、ETI Base Codeのコンプライアンス評価を作成
Fair Factories Clearinghouse(FFC) 職場の評価データを共有し、是正措置を知らせるためのソフトウェアポータル
WRAP(Worldwide Responsible Accredited Production) 合法的、人道的、倫理的な製造を目指す5つのステップから成る世界規模の認証制度
Ethical Trading Initiative(ETI) ETI Base Codeは、International Labour Organisation(ILO)の慣行に基づく国際的に認められた労働慣行法規
Social Accountability International(SAI) SA 8000 全業界を対象とする、適切な職場におけるソーシャル・アカウンタビリティに関する認証規格
International Organization for Standardization(ISO) 14001 Environmental Management System 環境監査、環境性能評価、環境ラベル、ライフサイクル評価に焦点を当てた任意の規格

関連する製品・ソリューション


関連するサービス