EMCに関するトレーニング

概要

ULは20年以上にわたってEMC試験およびアドバイザリーサービスを提供しており、企業が製品を市場に出すために必要な資格の取得を支援しています。弊社のお客様はULのEMCに関するトレーニングを受けることで、プリント回路基板およびシステムの開発、設計、レイアウトに関するEMC規制要件が理解でき、この分野に関するエキスパートの技術的な助言をより一層活用できるようになります。

定義

EMCに関するトレーニングでは、マクスウェル方程式の基本概念(電磁気の性質を説明する4つの基本的な方程式)、およびプリント回路基板の設計とレイアウト、規制順守要件に関連するベストプラクティスを学びます。

メリット

トレーニングは、準拠製品を構築するというビジネス目標に沿った実用的な知識を提供し、開発および規制認証プロセスにおいてコストのかかる遅延を防止するように作成されています。ULはお客様のニーズに合った3つのEMCに関するトレーニングコースを提供します。

  • 適用されたEMCエンジニアリングの基礎: 2日間のワークショップでは、マクスウェル方程式の基本的な側面の概要を説明し、EMCを達成する上で、プリント基板の設計とレイアウトに関連する懸念を取り上げます。
  • システムレベルでノイズを低減するための設置と遮蔽: この2日間のコースでは、回路とシステムの設計に関連するEMCに注目し、システムが設置される環境との間の望ましくない磁界の出現、伝播、受信に関する詳細な情報を提供します。 EMCの主な2つの懸念である接地と遮蔽も詳細に取り上げます。
  • プリント基板設計における信号の完全性とEMCの考慮事項: このトレーニングコースには、信号の完全性とEMCに関連するプリント基板の設計とレイアウトに関係のある実践的な技術が含まれます。

試験報告書

EMCに関するトレーニングコースを完了されますと、CEU要件の達成に使用できる修了証明書が受け取れます(地域によって異なります)。


本サービスの詳細については、ULカスタマーサービスまでお問い合わせください。


このサービスが適用される製品

プリント回路基板およびシステム、産業用制御機器、ハイテク機器(視聴覚機器、IT、電気通信機器)、医療機器、電気製品

関連業界とソリューション


関連サービス