Digital Enablement Test Tool(デジタルイネーブルメントテストツール)

概要

UL Digital Enablement Test Tool(デジタルイネーブルメントテストツール)は、MasterCardとVisaの要件に従ってプロセス管理とモバイル決済製品の試験を推進する自動ソリューションです。

Apple Pay、Samsung Pay、Android Pay、その他デジタルウォレットサービスなど、モバイル決済製品を発売するプロセスを合理化することを希望するデジタル決済製品発行者にとって便利です。

定義

UL Digital Enablement Test Toolは、完全かつ自動の試験環境を提供し、クラウドベースまたはHCEベースのモバイル決済システム、およびハードウェアベースのセキュアエレメントを利用するシステムの実装をサポートします。 決済ネットワークのデジタルイネーブルメントサービスの構成、および発行インフラストラクチャの変更はこのツールでサポートされています。

ULご利用のメリット

ULは、デジタルトランザクションの世界における広範囲の技術専門知識および製品開発プロセスの理解を通じて、モバイル決済製品の試験および認証のためのかけがえのないパートナーとなることができます。

モバイル決済は、サービスがクラウドもしくはホストカードエミュレーション(HCE)ベースであるか、あるいはセキュアな要素を利用しているかどうかに関係なく、MasterCard Digital Enablement Service(MDES)、Visa Token Service(VTS)、Visa Europe Payment Token Service(VEPTS)などのプロプライエタリ技術(Trusted Service Managers)を含む決済ネットワークの既存デジタルイネーブルメントサービスを利用して展開できます。 展開プロセスには、決済ネットワークの代理サービス、および発行インフラストラクチャの変更の構成が含まれます。

完全内蔵型、自動型のUL Digital Enablement Test Toolを利用しますと、MDES、VTS、VEPTS、および他のデジタルイネーブルメントサービスとの統合に関する準備プロセスが用意になります。 このツールは、実装を独立的に検証し、展開を合理化し、消費者決済技術分野における最新の仕様に関する情報を銀行に提供します。


追加情報

詳細

UL Digital Enablement Test Toolの機能:

  • MasterCard Digital Enablement Service(MDES)インターフェースのシミュレーション(ISO8583ベースおよびカスタマーサービスAPI)
  • Visa Token Service(VTS)およびVisa Europe Payment Token Service(VEPTS)インターフェースのシミュレーション(ISO8583ベースおよびVisa Payment Token Service API)
  • 決済ネットワークの発行者統合要件に基づいた関連するすべてのユースケース(テストケース)のサポート
  • EMVCo Tokenization Frameworkに基づく他のエコシステムに合わせてユースケースをカスタマイズ
  • エンドツーエンドの試験を実行
付帯的なサービス

テクニカルサポート
お客様が効果的にツールを使用し、最大の利益を得られることを検証するため、ULはテクニカルサポートサービスに対するアクセスを可能にするサービス契約を提供します。 弊社の経験を積んだテクニカルチームは、サポート、アドバイス、およびガイダンスを提供することができます。

以下のサポートサービスで構成されます。

  • 新規リリース
  • ヘルプデスクサポート
  • バグの修正
  • 即座のハードウェア交換(該当する場合)


関連する製品・ソリューション


関連するサービス