Conclusion Test Manager(完了試験マネージャー)

概要

UL Conclusion Test Manager(完了試験マネージャー)は、1つのプラットフォーム上で、完了試験管理アプリケーションと高品質試験エンジンを組み合わせたものです。 このユーザーフレンドリなツールは、試験実行および結果報告を構成、カスタマイズ、および管理するための柔軟な手段を備えています。

定義

UL Conclusion Test Managerは、試験者、試験自動化エンジニア、試験分析者、試験設計者、および試験マネージャーに対して、任意のレスポンシブシステム試験用のテストケースおよびライブラリの完全スイートをセットアップするためのツールを提供します。 この強力な試験プラットフォームには以下の機能が含まれています。

  • プロセスの定義からPDFおよびMS Word形式の試験レポートの生成まで、全試験プロセスを管理するための試験管理システム
  • システムへの複数の技術インターフェースを通じて多くの種類のメッセージの作成、送信、および自動化の機能を持つ試験エンジン
  • ULのお客様独自の試験スクリプトの作成、変更、および管理をするための試験スクリプトエディター
ULご利用のメリット

UL Conclusion Test Managerは、試験スイートのカスタム設計を始めとして、試験プロジェクトを成功させるために必要なすべての段階をサポートするように作られています。 このプラットフォームを使用すると、ユーザーはテストケースの構造化セットおよび自動化試験用の試験スクリプトを作成することができます。 その後、試験スクリプトを実行すれば、詳細な技術的レベルおよび試験プロジェクトレベルの明確な結果が報告されます。

またこのプラットフォームを使用すると、試験対象システム(SUT)の外部システムのシミュレーションを実施することもできるので、任意のプロトコルおよびインターフェースの技術試験を実施するのに適しています。 ユーザーはSUTに対して正常メッセージと誤りメッセージを送信することができます。 これらのシミュレートした条件を生成することによって、システムの応答の分析が可能となり、期待通りに動作しない場合、ユーザーは必要な措置を取ることができます。 これらの欠陥を早い段階で取り除くことによって、ULはお客様がトラブルフリーのリリースを作成して、市場への投入時間を短縮できるように支援することができます。

UL Conclusion Test Managerは、UL試験ツール類のベースです。 すべての既製のUL試験スイートは、UL Conclusion Test Managerのプラットフォーム上で動作します。

ULのお客様にとっての追加の利点は以下のとおりです。

  • 高度な試験スクリプトエディター
  • 手動、自動、および半自動の試験実行
  • 単一集中化試験仕様
  • 条件付き実行および判定ベースの再実行
  • 容易なシナリオ実行フロー分析
  • プロジェクト内全関連データの完全履歴
  • PDFおよびMS Word形式のカスタマイズ可能で統合された報告

追加情報

付帯的なサービス

テクニカルサポート

お客様がツールを効果的に使用して、最大限の利益を獲得できることを検証するため、ULは弊社のサポートサービスへのアクセスを可能にするツールサービス契約を提供しています。 弊社の経験を積んだテクニカルチームは、サポート、アドバイス、およびガイダンスを提供することができます。

以下のサポートサービスで構成されます。

  • 新規リリース
  • ヘルプデスクサポート
  • バグの修正
  • 即座のハードウェア交換


関連する製品・ソリューション


関連するサービス