コンポーネント認証

概要

ULをグローバルなコンポーネント認証機関として選択することによって、企業は安全と品質に最大限取り組んでいることを示すことができます。ULのコンポーネント認証プログラムは、厳格な試験とフォローアップ調査によって、サプライチェーンと製品の信頼性に貢献しています。このプログラムは、プラスチックやプリント基板から、複雑なハイテクサブアセンブリ、産業用制御機器まで、広範囲のコンポーネントタイプを対象としています。

定義

コンポーネント認証プログラムは、コンポーネントのサンプルを生産する際に、サンプルがULの要件に完全に適合しているかどうかを判定します。

ULご利用のメリット

ULのコンポーネント認証は、コンポーネントが該当する要件に適合していることを客観的に証明することによって、コンポーネントの供給業者に対して付加価値を創造します。これらの業者は、ULのオンライン認証ディレクトリによって可視性が向上するという恩恵も受けます。

最終製品の製造業者は、製品に使用される市販のコンポーネントに対する冗長な試験と調査を省略することができます。また、ULのコンポーネント認証プログラムは、コンポーネントが製造される現場において試験と調査を実施することによってサプライチェーンの信頼性を高めます。

ULが認証したコンポーネントを製造中に使用することで、コストと販売までの時間を削減できます。 コンポーネントがすでに該当するコンポーネントの要件に適合していることが分かっているため、コンポーネントに関連する認証プロセス中に発生する可能性のあるコストのかかる再設計の問題を最小限に抑えられます。


成果物


本サービスの詳細については、ULカスタマーサービスまでお問い合わせください。


このサービスが適用される製品

プラスチックやプリント基板から、複雑なハイテクサブアセンブリ、産業用制御機器まで、幅広いコンポーネントタイプ

関連する製品・ソリューション


関連するサービス