コモディティ・クラシフィケーション試験

概要

保険会社が、保管されている商品のリスクを引き受ける場合、スプリンクラーシステムが特定の火災の課題を制御または抑制できるかどうかを評価する厳格な試験を利用します。

ULは火災安全科学のグローバルエキスパートとして、スプリンクラーによって保護されるさまざまな保管商品に関連する火災リスクの独立した評価を提供します。 商品区分テストの一環として、ULはスプリンクラー起動温度、スプリンクラー反応時間指標(RTI)、スプリンクラーから火災の中心部までのラジアル距離、天井から商品上部までの距離、保管時の段数など、多くの要素を検討します。

定義

ULはさまざまな包装の構成において、幅広い商品の燃焼性を試験し、スプリンクラー・システムの設置規格であるNFPA 13に記載されているハザード等級を商品に割り当てます。試験は火炎燃焼中に燃焼ガスを収集する専門の熱量計フードで実施されます。ULの詳細なレポートは、保険業者に対し、リスクを包括的かつ正確に評価するために必要な情報のすべてを提供します。

メリット

ハザード評価は、商品の保管と出荷に関連する複数の要因によって決まります。製品と包装の成分は、原材料の調達、製品の設計、包装の改良などにより、常に変化します。商品の分類は、リスクを識別し、保険要件をサポートする関連した保護スキームの作成を可能にすることで、想定外の事態の防止に役立ちます。

ULのエンジニアは製造業者および包装のエンジニアと緊密に協力することで、包装および輸送のソリューションを確認し、安全な輸送を保証し、リスクを抑えます。事前に計画することは、製造業者が商品分類を最適化し、小売店のお客様の要求を満たすことに役立ちます。

ULは、最先端の試験所と、100年以上にわたる安全科学に関する幅広い技術知識を備えているため、保管されている商品の火災安全に関連する性能解析に優れています。


試験報告書


このサービスが適用される製品

スプリンクラー、倉庫での保管

該当規格

NFPA 13(スプリンクラー・システムの設置規格)

関連業界とソリューション