化学試験

概要

国際的な化学物質規格の経験に基づく知識によって、ULは包括的な化学物質管理サービスとガイダンスを提供します。当社のお客様は、ULの品質チェックおよび科学の知識を利用することで、グローバル市場における規制順守を達成できます。

定義

ULは、原材料の試験から、製品表示の証明、規制物質リスト(RSL)の作成、サプライチェーン全体を含む合理的な試験プログラムの実施など、化学物質管理のあらゆる側面でお客様を支援します。

ULは業界標準を積極的に策定し、規制および業界標準に対する製品の適合性に関して詳細に説明します。当社の化学試験には以下が含まれます。

  • 化学品在庫および材料安全データシート(MSDS)のレビュー
  • 高リスク材料の特定
メリット
  • 製品テストはもっとも厳しい規制に対する評価が必要です
  • 原材料および完成品に関するテストプログラムの開発
  • 原材料と化学品の承認プロセス標準化
  • サプライヤー選定基準の作成
  • サプライチェーン全体のRSL実施計画
  • スタッフおよびサプライヤートレーニング

試験報告書


このサービスが適用される製品

衣類、繊維製品、栄養補助食品、電気/電子製品、食品・飲料、靴、革製品、一般消費財、家具、キャンドル製品、健康/美容製品、家庭用化学品、宝飾品、腕時計、医薬品、プレミアム/販促製品、プライベートブランド製品、玩具、育児/子供向け製品

該当規格

American Society for Testing and Materials(ASTM) International 製品の品質改善、安全性の向上、市場出荷と貿易の促進を目標としたコンセンサスに基づく任意規格
American Spice Trade Association(ASTA) 香辛料の分析試験に関する業界規格
Association of Analytical Chemists(AOAC) 化学物質および微生物の解析結果の信頼性向上を目指す標準的化学物質解析手法
British Pharmacopeia Convention 医薬物質及び医療製品に関する英国の公的規格
Consumer Product Safety Improvement Act (CPSIA) of 2008 子供向け製品および一部の子供向け以外の製品に対し多数の新規制・試験要件を認可
Consumer Specialty Products Association (CSPA) 家庭用・公共施設用製品の安全性、性能、持続可能性改善を目的に、高基準化を推進
EU Pharmacopeia Convention 欧州で一般的な薬剤の仕様を統一し、市場に登場する新しい薬剤の仕様を作成
EU Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemical (REACH) Substances EUにおける以前の化学物質の法的枠組みを合理化、改善することで、化学物質の製造・使用、並びに、人間の健康と環境に対する潜在的影響に対処
欧州玩具安全指令2009/48/EC 欧州市場における玩具の安全規定と施行の基礎
Food Chemical Codex(FCC) 食品成分の純度と品質を判定する国際的公認規格の概要
日本薬局方 あらゆる薬品の品質確保を目的に、仕様基準と試験方法の決定、日本の公衆衛生と医療処置に不可欠と認められる薬品の品質保証基準の明確化を図る主要機関
National General Safety Technical Code for Textile Products(GB 18401) 中国で販売される繊維製品に存在する危険物質の管理、繊維製品の品質向上、基本的な安全・衛生の確保、衣類と装飾生地の一般的安全と技術仕様の施行に関する規格
有害物資使用制限(RoHS)指令 さまざまな種類の電気製品、電子製品の製造業者で6種類の危険物質の使用を制限する指令
Stockholm Convention on Persistent Organic Pollutants(POPS) 残留性有機汚染物質の製造と使用を廃止または制限するための国際環境条約
U.S. Pharmacopeia Convention 世界中で製造され、流通し、消費される薬剤、食品添加物、栄養補助食品の識別、強度、品質、純度に関する規格

関連業界とソリューション


関連サービス