化学物質排出測定試験

概要

ULは安全科学のグローバルリーダーとして、製品と材料を評価し、室内空気質と人の健康への影響を判定します。お客様の目的が、製品が環境認証または環境規制の排出要件を満たすようにすることでありましても、あるいは単に、法的目的またはリスク評価の目的で製品の室内空気に対する潜在的な影響について理解を深めたいだけでありましても、ULは常により健康的で排出量の少ない製品を開発する際の良きパートナーです。

定義

製品の化学物質排出試験は動的環境チャンバー技術を使用して、製品が排出する化学物質を検出し測定します。化学物質の排出は、人々の健康にとって深刻な脅威です。そのため、製造プロセスの研究開発段階において製品の化学物質排出に対処することが重要です。

メリット

ULの化学物質排出試験部門は、70,000以上の製品を評価し、それらの製品が排出する10,000を超える化学物質を記録してきました。当社の最先端技術によって、家具、建築材料、コンシューマー向け製品、電気製品など、幅広い製品から排出される化学物質を、非常に高い精度で測定できます。

ULは国際的な化学物質排出試験基準を策定する上で重要な役割を果たしています。これは、製造業者が市場のニーズに対応するための最適な試験方法を選択することに役立ちます。当社は製品設計プロセスの初期段階からお客様と協力して、損害の原因となるエラーを回避することを支援します。

手法および規格

CA Section 01350、GREENGUARD試験方法、ASTM D 5116、ASTM D 6670、ISO 16000-9、Blue Angel、DIBt’s Üマーク、AgBB、Natureplus、EN 16738蝋燭放出試験、the EU Eco Flower、GEV-Emicode、CE、the Golden M、QUL、the Corkロゴ、Naturtextil、Organic textile Label、Öko Control、AFSSET、French A+ ラベル、BIFMAなど、既存の試験手法および規格の基準と照合して、製品を評価します。

曝露リスク
化学物質曝露への寄与に関して製品を評価し、規制順守のニーズに対応する包括的評価と試験データを作成します。

臭気評価
臭気物質、刺激性物質、閾値、説明を含む膨大なデータベースと照合することで、製品の臭気と発生源を特定します。

極細粒子の研究
ECMA 328、ISO 28360、Blue Angel RAL UZ-122(印刷機器)の要件に適合するために、製造業者に極細粒子の排出データを提供します。

空気サンプリング分析
建物の所有者、施設管理者、第三者コンサルタントは、揮発性有機化合物(VOC)、微生物由来VOC、アルデヒド、他の大気汚染物質の一般的な解析により、多様な環境におけるIAQの懸念事項を解決します。


試験報告書


本サービスの詳細については、ULカスタマーサービスまでお問い合わせください。


このサービスが適用される製品

家具/装飾品、電気製品、洗浄剤/紙、子供向け製品、玩具、建材、化学品、プラスチック

該当規格

関連業界とソリューション


関連サービス