機関認定プログラム

概要

製品認証プロセスの間、一部の製造業者はULとの業務を代理としての第三者機関に委託します。 試験機関によって、専門知識、ビジネス知識、お客様へのサポート能力は異なります。 しかし、多くの試験機関が存在するにもかかわらず、国際製品認証業界にはその能力を判定するためのプログラムや基準がありません。 サービスが効果的で有益である独立機関を顧客が選択することを支援するため、ULは機関認定プログラムを開始しました。

定義

ULの機関認定プログラムは、ULと製品認証顧客との仲介として機能する第三者の個人または企業のための任意の認証プログラムです。

メリット

ULは試験機関が機関認定プログラムによって評価されたサービス品質と専門知識の明白な国際基準を推進し、お客様がこれを認識することを支援します。

世界中の数百もの試験機関が、競い合いながら、付加価値製品の認証サービスを製造業者と製品開発者に提供します。 ULは信頼されている機関認定プログラム認証によって、試験機関が競争上の優位性を強化することを支援します。

機関認定プログラムには、無料のアプリケーション、過去にULと行った製品認証業務の評価、当局の施設における最初の監査が含まれます。

機関認定プログラムの対象機関は通常、何年もの間、非認証機関としてULと提携してきました。 これらの試験機関は、ULに対してプログラムへの参加を申請し、以下に基づいて、ULからプログラムの適合性について評価されます。

  • 顧客のために十分な量の作業がULに提出される
  • 顧客とともに働いたULスタッフからの良いフィードバック
  • 試験、検査、認証業界における良い評判
  • ULの顧客と共に働く能力を証明する他の要素

機関認定プログラムに適合すると判定された場合、対象の機関はULと協力して、機関認定プログラムの法的取り決め、施設の最初の監査など、必要なデューデリジェンスを完了させます。

合格しましたら、新しい機関認定プログラム機関は以下を受けます。

  • 3年間有効な機関認定プログラム証明書
  • ULのオンライン認証ディレクトリ(カテゴリAACA)に掲載
  • マーケティングに機関認定プログラムシンボルを使用

ULは特定の機関をお客様に推奨しませんが、お客様に対し、機関認定プログラム機関と提携するように推奨することはあります。


試験報告書


本サービスの詳細については、ULカスタマーサービスまでお問い合わせください。


このサービスが適用される製品

すべての製品に適用されます。

該当規格

多くの機関認定プログラム監査基準は、ISO 9000またはISO 17025にある他の品質システム要件と似ています。

関連業界とソリューション


関連サービス