VOC放出に対するCDPH標準手法

概要

屋内のソースからの揮発性有機化学物質放出の試験および評価のための標準手法 一般にカリフォルニア仕様01350として知られる拡張規格であるエンバイロメンタルチャンバーは、建物および屋内製品の化学物質低放出を評価するために最も広く使用されている規格の1つです。

定義

製品放出試験を初めて実施する製造者にとって、多くの場合、最初のステップはCDPH標準手法になります。 2004年にリリースされ、2010年に改訂されたCDPH標準手法v1.1は、カリフォルニア仕様01350に基づいて改訂され、拡張された規格です。

材料は標準の使用指示書に基づいて準備され、チャンバー試験の前に10日間馴致されます。 その後、サンプルは動的エンバイロメンタルチャンバーに移され、11、12、および14日間の平衡成立時間にわたって揮発性有機化合物(VOC)の測定が実施されます。 チャンバーの空気サンプルはVOCがGC/MSによって分析され、ホルムアルデヒドなどのアルデヒド類はHPLCによって分析されます。 データレポートには、製品の放出量とさまざまな環境(オフィス、教室、住居)における屋内濃度予測値などが記載されます。 36のリストされているVOCの濃度予測値は、最大許容レベルと比較されます。 これらのレベルは、カリフォルニアの環境保健有害性評価局(OEHHA)が発行している『定常的参照曝露レベル(chRELs)』に基づきます。

メリット

CDPH標準手法は、LEED、IgCC、CalGreen、ASHRAE 189.1など、最も広く使われているグリーンビルディング格付システムおよびコードから参照されています。 これにより、製造者は広範囲の要件を満たしている製品放出試験に投資することができます。

ULは、製品放出試験の世界的なリーダーとして70,000を超える製品の評価を実施し、これらの製品からの放出に基づいて10,000を超える化学物質を分類しました。 当社の最先端技術によって、広範囲の製品から放出される化学物質を非常に高い精度で測定することができます。 ULは、放出試験の国家規格および国際規格、グリーンビルディングコード、および格付システムを熟知しているので、製造者と連携して、効率とコスト効果を最大化する製品放出試験を実施することができます。


試験報告書


このサービスが適用される製品

建材、家具および寝具、ならびに仕上げ材(塗料および建築塗装、接着剤およびシーラント、壁装材、床材、天井タイル、石膏ボード、断熱および防音、ならびにパネル材)

該当規格

関連業界とソリューション


関連サービス