ブランド保護/サプライチェーンセキュリティ監査

概要

サプライチェーンの保護は、これまで以上に重要になってきています。ULのブランド保護/サプライチェーン監査サービスを通じて、各企業は世界中で自信を持って業務を進め、厳格な規制要件に適合し、偽造やグレーマーケットの対策をとることができるようになります。

定義

テロ防止のための税関産業界提携(C-TPAT)サービスから、工場で直接実施する検査まで、ULのブランド保護/サプライチェーンセキュリティ監査サービスは、企業がグローバルサプライチェーンを管理し、リスクを軽減し、規制要件を遵守することを支援します。

ULご利用のメリット

ULのブランド保護/サプライチェーンセキュリティ監査サービスは、現代のグローバル市場で事業を展開する際の複雑性の緩和と、コストと損害の削減を目的としています。

本サービスには、C-TPATコンプライアンス支援、ブランド保護、トレーサビリティ評価、処分確認などのサービスが含まれています。

Fortune誌の上位 500社から家族経営の企業まで、米国とメキシコでC-TPAT認証を申請するお手伝いをいたします。当社の施設脆弱性評価は最先端で、米国税関・国境警備局の最新の推奨事項を取り入れています。

当社のC-TPATセキュリティ脆弱性プロセスは、弱点を指摘し、これらを国内および国際パフォーマンスに従って評価します。これにより、お客様はサプライチェーン全体でセキュリティリスクを軽減できます。データは当社のFaST意思決定ツールによって提供されます。このツールは格付けに関する一目で分かる情報、ならびに地域レベルとグローバルレベルでのベンチマーク比較を提供します。特定施設のセキュリティ監査に関する履歴データによって、お客様はC-TPAT基準への適合に関する進捗状況を追跡および記録できます。

ULのブランド保護サービスは、ベストプラクティスの先行的実施によって、お客様の損失を減らし、認可されていない供給業者に商品が流れるリスクを減らします。ULの覆面調査員のチームが、グレーマーケット流出疑惑を効率的に調査します。

トレーサビリティ評価サービスでは、製品に使用されている原材料の調達元を調査します。

処分確認サービスでは、第三者の監査機関を利用して、商品またはブランド部品が、外部の第三者に流通することなく、処分されたことを示す証拠を収集します。


成果物


このサービスが適用される製品

衣類、繊維製品、栄養補助食品、電気/電子製品、食品・飲料、靴、革製品、一般消費財、家具、キャンドル製品、健康/美容製品、家庭用化学品、宝飾品、腕時計、医薬品、プレミアム/販促製品、プライベートブランド製品、玩具、育児/子供向け製品

関連する製品・ソリューション


関連するサービス