ブランド監査

概要

一貫したブランドは、売上を増加させ、顧客ロイヤルティーを促進することに役立つ重要なビジネス資産です。 ULのカスタマイズ可能なブランド監査とレポートプログラムは、小売業者の明確なニーズに対応するように設計されています。これにより、顧客との接点、および店舗全体で、ブランドマーケティングが適切に使用されます。

定義

ULの独立した客観的なブランド監査プログラムは改善すべき分野を検出し、ブランドイメージが損なわれることを防ぎ、ブランドイメージに対する脅威を特定し、カスタマーサービス、販売促進資料、POP、サービスのスピードなど、利益を増やすための要素を特定します。

当社は食品、ホスピタリティ、小売事業において、小売施設で期待チェックポイントを決定します。

  • 一貫したメッセージ
  • 製品品質
  • サービス速度
  • ユニット経済性
  • 清浄度
メリット

強力なブランドイメージは、小売業者から顧客に提供される製品と同じくらい重要です。安定した強いブランドイメージは、事業の発展、拡大、保護に不可欠な要素です。高いブランド基準を創出して維持する必要がありますが、放置しておくと小売業者のビジネスにダメージとなりかねません。複合的な小売業者は、リスクを抑え、安定したイメージを維持するために、ブランド監査(一部の場所、または全体)をある程度の頻度で実施する必要があります。

当社のブランド監査プログラムは、食品、ホスピタリティ、小売事業において、小売施設で目標ブランドイメージおよび期待チェックポイントを実施することによって、注意が必要な分野の特定に役立ちます。

さらに、ULの安全およびブランド監査小売プログラムは、機能、性能、コンプライアンスのプロトコルを使用して、一貫性を保証し、ブランドに対する消費者の信頼性を高めます。当社はフランチャイズおよび企業基準で1対1のダイナミクスを促進し、一貫した高品質のカスタマーエクスペリエンスを提供します。


試験報告書


本サービスの詳細については、ULカスタマーサービスまでお問い合わせください。


このサービスが適用される製品

複合飲食店、小売店、スーパーマーケットチェーン、ホールセールクラブ

関連業界とソリューション